ミニトマトを作る

ミニトマトの育て方

 ミニトマトは、初心者にも簡単に作れるそうなので、作ってみたい野菜の一つです。
ミニトマトの育成適温は25~30度。その土地によって気候が異なるので、一概には言えませんが、だいたい4~6月頃が良いようです。
ミニトマトが育ちやすい環境は、日が当たる場所、特に半日、日光が当たるような場所が適しています。
収穫時期は5月中旬から9月上旬。夏に美味しい野菜です。
 プランターは、大きめを用意しましょう。ミニトマトは、根をよく張ります。
苗を選ぶ際は、よく選んだ方がよいです。葉は濃い緑色、茎は太目の物が良い、また、花が咲きかけているものが植え付け時期に適しているそうなので、 すぐに植えつけたいと考えている場合は、そういったものを選びましょう。
苗とプランターを用意したら、鉢の底にネットを弾き、その上から、鉢底石を敷きます。
ネットは敷かず、鉢底石をネットに入れてプランターにセットするというやり方もあるそうで、片づける際にバラバラにならず良いと聞きました。
プランターに鉢底石を敷くのは、水はけをよくするためだそうです。
プランターに苗と土を入れて水をあげます。
 ミニトマトの水やりは、午前中や涼しいときにすると良いそうです。
日差しが強く、土が温まっていたら、水やりした水の温度が上昇し、お湯を与えたようになってしまい、根が弱ってしまうからです。
水は、毎日やらなくてもいいけど、あげるときは十分にあげるようにしましょう。
 まっすぐ育つように支柱をたてます。
 ミニトマトを育てる際は、脇芽の手入れが必要です。脇芽をこまめに取るようにします。
脇芽をとることにより、風通りをよくしますし、栄養分が分散されるのを防ぎ、大きく育てることができます。
 赤いプクッとした実を、早くこの目で見てみたいものです。