ベランダでの注意

ベランダ菜園は気を遣う?

 ベランダ菜園で気を付けるべきことは、近隣住人や下の歩行者に迷惑がかからないようにすることです。
住民トラブルにもなり兼ねないため、結構気をつかいます。
また、高層マンションなどは、強風のため、ベランダ菜園には向かなかったりもします。
もし、本格的に野菜を育てたかったら、一軒家や、マンションの一階に引っ越すか、土地を買って育てるなどするしかないでしょう。
引越しに興味があるなら不動産査定なんかを参考にすると良いかもしれません。
ベランダ菜園は、ベランダという限られた空間で、周りに配慮しながら小さく楽しむことができる方に向いていると思います。
規模が小さいということは、初心者も始めやすい、また、少ない労力で手入れも行き届くといったメリットがあると思います。

こんなところに気を付ける

土や葉っぱに気を付ける

 マンションのベランダには、お隣さんとの間に、壁があると思いますが、下の方に隙間があるところが多いのではないでしょうか。
風が吹くと、土や葉っぱが、お隣さんのベランダに飛んで行ってしまう可能性がありますので、注意が必要です。
なるべくお隣さんに近い方や境目には置かないようにした方がよいでしょう。
また、落ち葉は、こまめに片づけ、枯れている葉の手入れなどを行って、事前に防ぐとよいと思います。
落ち葉で、排水溝が詰まってしまう場合もありますので、その対策にもなります。

重量に気を付ける

 もし、たくさん菜園をしようと思っている方は重量についても配慮した方が良いです。
建物に積載できる重量は決まっているので、その辺も確認しておきましょう。

虫に気を付ける

 栽培をしていたら、やはり虫が寄ってきます。虫よけのネットを利用すると良いようです。
薬剤を使用するという方法もありますが、その場合、近隣の方への配慮が必要です。
自分の所から虫はいなくなるかもしれませんが、他の方の所へ行ってしまう可能性もあります。
また、薬剤が散布して、洗濯物に飛んでしまったり、歩行者にかかってしまったりすることがあります。

水やりに注意する

 水をやる際は、注意が必要です。下の階の方の洗濯物にかかって汚したり、歩行者にかかってしまったりすることがあるからです。

匂いに気を付ける

 ネギやニラもベランダ菜園が可能ですが、これらの野菜は匂いがするため、なるべく避けた方が良さそうです。
また、野菜などは腐ってしまうため、収穫や手入れはこまめに行うと良いと思います。肥料も匂うことがあるので要注意です。